カンジダは常在菌の一種で、免疫力が落ちた際などに活動が活発になり体に症状が出てきます。また、カンジダは再発もしやすい性病ですので、治療法も含めて紹介していきます。ほかにも性行為をしなくても感染する可能性がある性病など、性病の種類はさまざまですので、詳しく見ていきましょう。

考えている女性と薬
  • ホーム
  • 男女別に見る淋病の症状と治療薬について

男女別に見る淋病の症状と治療薬について

淋病は性感染症の1つですので、感染原因は性行為が一般的です。
コンドームを使用しない性交渉はもちろん、淋病は粘膜同士の接触で感染するので、オーラルセックスやディープキスも感染原因となってしまう可能性が高いようです。
淋病を引き起こす淋菌の感染期間は、約2日から7日程度と言われています。
この感染期間を経て、様々な症状が現れるようになります。
淋病の症状は男性と女性とで異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。
男性の場合、尿道から膿のような分泌物が出たり、排尿痛といった症状が現れやすいです。
膿のような分泌物は白や黄色の色をしているのが特徴で、尿道から大量に分泌されます。
排尿痛は時間の経過と共に症状が重くなり、最終的には焼けるような強い痛みへと変わるようです。
分泌物が出るようになったり、排尿痛を感じるようになった頃から男性の場合は、頻尿の症状も現れます。
1日に何回もトイレに行きたくなるのに、強い排尿痛もあるのでかなりストレスとなるようです。
さらに症状が進むと陰嚢にも腫れが生じてきます。
男性の場合、かなり重い症状が出る淋病ですが、女性が感染した場合にはどのような症状が現れるのでしょうか。
女性の場合、淋病を発症したとしても、あまり自覚症状は感じないようです。
仮に症状が現れたとしても、男性と比較すると軽度なものとなっています。
女性ではおりものが増える、臭いがきつくなるといった症状や下腹部の痛み、不正出血や排尿痛などが起こりやすいようです。
ただし淋病を発症した女性のうち、自覚症状が無いケースは約80%にも上ります。
感染していることに気づかず、パートナーに淋菌を移してしまう可能性も高いです。
男性の場合は症状が強くでますので、異変を感じたら医療機関を受診して淋菌に感染していないかどうか検査を受けましょう。
女性の場合、パートナーの男性が淋病を発症した場合は、自分も感染している確率が高いので、一緒に検査・治療を受けることをおすすめします。

淋病の治療方法は何がある?

しかるべき検査を受けて、もし淋病を発症していたとしても今は治療で完治させることが可能です。
現在、淋病の治療として最もポピュラーに行われているのは、注射での治療となっています。
セフトリアキソンやスペチクノマイシンという抗生剤を注射で、体の中に注入することで淋病を引き起こす淋菌を死滅させます。
セフトリアキソンは、淋病治療においては定番とも言える薬です。
治療期間も短くたった1回の注射で終わります。
淋菌は性器以外に喉にも感染することがありますが、セフトリアキソン1回の投薬によって、性器周辺だけでなく喉の淋菌にも効き目を発揮するのが特徴的な治療法です。
静脈注射となるので注射時の痛みも少ないと言われています。
アレルギーなどでセフトリアキソンを使えないという場合には、スペチクノマイシンを用いることになります。
スペチクノマイシンの場合、喉に感染した淋菌に対する確実な治療効果が無いことから、性器周辺だけでなく喉にも感染がある場合は、飲み薬と併用して治療を行うことになります。
スペチクノマイシンはお尻への筋肉注射となるので、静脈注射よりもかなり強い痛みを伴うようです。
ただ注射での治療は基本、1回だけとなります。
注射での治療となった場合、1回のみ投薬をするだけで済むので患者さんへの負担は軽いと言えるでしょう。
ただし淋病が悪化している場合は、治療期間が伸びてしまうこともあるので注意が必要です。
性病で医療機関を受診することに抵抗を感じたり、不安に感じる人も少なくありません。
ですが淋病であれば、たった1回の注射で治療を終わらせることが可能です。
そして症状が悪化してからだと、治療期間も長くなるということを考えれば、少しでも異変を感じたら医療機関で検査を受け、しかるべき治療を受けたほうが良いと言えます。