カンジダは常在菌の一種で、免疫力が落ちた際などに活動が活発になり体に症状が出てきます。また、カンジダは再発もしやすい性病ですので、治療法も含めて紹介していきます。ほかにも性行為をしなくても感染する可能性がある性病など、性病の種類はさまざまですので、詳しく見ていきましょう。

考えている女性と薬
  • ホーム
  • マイコプラズマやニキビに効くミノマイシンについて

マイコプラズマやニキビに効くミノマイシンについて

ニキビで悩んでいる人は多いでしょう。
きちんとスキンケアをしていてもなかなか解消できないこともあります。
さまざまな対処法がありますが、効率よく悩みを解消したいなら飲み薬を利用してみると良いでしょう。
ミノマイシンという薬はニキビに高い効果を発揮してくれると言われています。
正しい使い方や副作用を知っておくことにより、確実にニキビを治すことができます。
ミノマイシンはミノサイクリンと言うテトラサイクリン系の抗生物質が主成分の薬です。
ミノサイクリンは細菌が増殖する時に必要となるタンパク質の合成を阻害するという働きがあります。
そのためニキビの原因となる細菌の繁殖を防ぐことができます。
国内の皮膚科で処方されるミノマイシンは錠剤が多いとされていますが、カプセルタイプや顆粒タイプなどもあります。
ちなみに、形状が違っていても得られる効果は同じということです。
ミノマイシンにはさまざまな細菌を抑える効果があるため、マイコプラズマ肺炎や風邪などに対して処方されるようになっています。
マイコプラズマ肺炎の場合はマクロライド系抗生物質が処方されることもありますが、マクロライド系抗生物質には耐性菌ができてしまうこともあります。
ミノマイシンは耐性菌ができてしまったマイコプラズマ肺炎患者に対しても効果を発揮してくれます。
しかし、服用する際には飲み合わせに注意しましょう。
飲み合わせによっては副作用のリスクが高まってしまいます。
ニキビは主に皮脂の過剰分泌と毛穴の詰まりによって発生すると言われています。
人の皮膚にはニキビの原因となるアクネ菌が存在していますが、アクネ菌は皮脂を好んで空気を嫌うという性質があります。
そのため皮脂が溜まっていて毛穴が塞がった状態だと繁殖しやすくなります。
ミノマイシンには抗菌作用があるため、アクネ菌を減少させてニキビの発生や悪化を防ぐ効果が期待できます。
ミノマイシンの効果が期待できるのは、赤ニキビや化膿したニキビです。
このようなニキビは放置したり間違ったケアをしてしまうとニキビ跡になってしまうので注意しましょう。

ミノマイシンの入手は個人輸入でも可能

テトラサイクリン系の抗生物質が主成分となっているミノマイシンはどこで購入できるのか気になっている人もいるでしょう。
わざわざ病院に行くのは面倒だという人や通販サイトで購入したいという人もいるかもしれません。
ミノマイシンは個人輸入を利用して手に入れることもできます。
個人輸入というのは海外の医薬品を取り寄せることですが、個人で使う場合のみ許可されているということです。
これは難しいものではなく、個人輸入代行サイトを利用すれば一般の通販サイトと同じように商品を購入することができます。
個人輸入は自宅にいながら商品を手に入れることができますし、診察料などがかからないので病院で処方してもらうより値段が安くなるというメリットがあります。
しかし、個人輸入は自己責任となるので注意しましょう。
偽物や類似品の可能性もありますし、万が一副作用が発生した時でも治療を受けられないことがあります。
悪質なサイトなどもあるので騙されないように注意が必要です。
ミノマイシンを使って安全にニキビの治療を行いたいという場合、きちんと病院で処方してもらった方が良いでしょう。
病院ではドクターに肌の状態をチェックしてもらえますし、最適な治療法を提案してもらえます。
正しい服用方法や副作用についても相談することができるため、安心してミノマイシンを使うことができます。
ミノマイシンのような抗菌薬には、適切な量と投与間隔が決められています。
これをきちんと守らないと細菌を除去することができませんし、耐性菌を作ってしまうこともあります。
そのため必ず決められた量を決められた間隔で飲むようにしましょう。
また、子供がミノマイシンを飲むと歯に異常が出る可能性があると言われています。