カンジダは常在菌の一種で、免疫力が落ちた際などに活動が活発になり体に症状が出てきます。また、カンジダは再発もしやすい性病ですので、治療法も含めて紹介していきます。ほかにも性行為をしなくても感染する可能性がある性病など、性病の種類はさまざまですので、詳しく見ていきましょう。

考えている女性と薬
  • ホーム
  • カンジダが再発する理由とその予防方法

カンジダが再発する理由とその予防方法

悩む女性

カンジダは再発するリスクが高い病気です。
カンジダ菌は通常どなたにでも消化管や性器の粘膜周辺、皮膚などに無数に存在する常在菌であり、健康な時であればトラブルが起きる事はありません。
しかし、食生活でバランスを壊し風邪などを引くと免疫力が低下した際にカンジダが異常発生する事があります。
普段から食生活や睡眠をしっかりとるようにして免疫力が下がらないようにしましょう。
他にも高温で湿度が高い所を好む性質があるので、運動を行って汗をかいて蒸れてしまいカンジダが異常発生して再発になる場合もあります。
また、下着も通気性が悪いものを使用していたりガードルなどを着用していると通気性が悪く蒸れの原因となりカンジダがたくさん発生する要因にもなります。
ですので、出来るだけ下着は通気性が良く清潔に保つと再発の予防にもなります。
おりものが多い場合も、おりものシートを使用して下着を清潔に保ちましょう。
おりものが付いたままだと不衛生となります。
反対にデリケート部分の洗いすぎも常在菌のバランスが崩れ再発の要因にもなります。
石鹸で洗いすぎないで、優しく外陰部だけを洗い流すようにしましょう。
運動して汗をたくさんかく際は、綿素材の下着を着用すると通気性が良く快適です。
またトイレの際、トイレットペーパーで拭きとる際も前から後ろへ拭くようにしましょう。
後ろから前に拭くと、常在菌であるカンジダ菌が腸管にいるため、肛門から膣に感染してしまう事で再発するリスクは高くなります。
自分の常在菌からではなく、性交渉からもうつる可能性があるのでコンドームの使用をおすすめします。
また、コンドームを付ける事で自分から相手へ感染することも予防できます。
以上のように、カンジダの再発予防にはデリケートゾーンを清潔に保つ事が大切です。
そして規則正しい生活を送り免疫力が低下しないようにする事も重要となってきます。
普段から少し気を付けるだけで随分と再発のリスクを下げる事が出来ます。

フラジールの効果、副作用について

異常に発生してしまったカンジダ菌を少なくする薬としてはフラジールが用いられます。
原虫の感染によっておこる病気の治療に使用される薬です。
その効果としてはヘリコバクターやピロリ菌等を体内で化合物に変化してDNAらせん構造の不安定化を招いて抗菌作用を示してゆきます。
ですので、何らかの原因でたくさん発生してしまったカンジダ菌を減らしてゆき、常在菌のバランスを整えてゆくのです。
ですが、フラジールは副作用もあります。
腟錠では、かゆみ、発赤などのアレルギー症状が現れる場合もあるのです。
また神経障害として手足のしびれが生じたりけいれんなどがおこる場合もあります。
薬によっては食欲不振や吐き気、下痢や腹痛、のどの渇き、頭痛やめまい、ねむけに倦怠感などの症状も現れる事もありますので、何かおかしなことがあればすぐにお医者様に相談するのが良いでしょう。
めまいなどの症状が出る場合は、車の運転も控える様にして下さい。
フラジールには内服剤と腟錠があるのですが、内服薬は十分な水で服用するようにして下さい。
持病やアレルギーなどの有無、現在使用中の薬の有無も医師にしっかりと伝えておきましょう。
またフラジールを服用していてアルコール飲料をとると、腹痛や嘔吐、顔面紅潮などがおこりやすくなります。
抗原虫剤であるフラジールを使用中は禁酒してください。
以上のようにフラジールは効果も期待できますが、副作用も出やすいので飲む量や飲む回数、薬を使用するのに空ける間隔などをしっかり守る事が大切です。
まれに白血球減少などの血液障害がおこることがありますので注意が必要ですし、妊娠中や妊娠する予定がある人も医師へ報告して薬の量を調整してもらいましょう。

アーカイブ
人気記事一覧